工業から食品まで幅広く用いられるリン酸処理

Summary

製品作りにおいて空気は大敵安全性の高い商品を作ることが製造業の義務ですが、その安全性を考えるうえでクリアしなければならない問題が空気の混入です。空気は材料を攪拌するもしくは高温の熱を加えるときに入り込んでしまうのですが、問題は空気は外に逃げる性質があるので、逃げた後には空洞が生まれてしまいます。空洞…

製品作りにおいて空気は大敵

安全性の高い商品を作ることが製造業の義務ですが、その安全性を考えるうえでクリアしなければならない問題が空気の混入です。空気は材料を攪拌するもしくは高温の熱を加えるときに入り込んでしまうのですが、問題は空気は外に逃げる性質があるので、逃げた後には空洞が生まれてしまいます。空洞が出来るということは、その部分だけ耐久性が落ちることを意味します。

格言で「アリの一穴」という言葉があるように、どんなに頑丈なものでも小さい亀裂があればたちまち崩れてしまうのです。そのため小さな空洞を生み出す酸素は、製造業にとって安全性を考えると排除しなければならない問題点になります。

空洞を生み出さないようにする消泡剤

攪拌や熱処理をする際に発生する酸素の混入は、製品の安全性を著しく悪影響を与えてしまうので、そこで製造業が添加物として必ず加えるのが消泡剤です。消泡剤というのはミネラル分のリン酸と中心とした溶剤であり、これは空気の表面張力に作用して壊す性質があります。空気が空洞を作ってしまうのは、表面張力によって薄い膜が出来上がってしまうのが理由になります。従来であれば薄い膜というのは刷毛などを使って手作業で壊していたのですが、ミクロ単位の小さい泡までは対処しきれなかったのです。

そこで泡が出来るタイミングに合わせて消泡剤を加えることで、表面張力による膜を壊すことにより空洞の発生を無くし耐久性を良くします。基本的に消泡剤は工業製品の添加物として加えますが、現在では改良がされて人体無害の添加物としてプリンや豆腐などの柔らかい食品を作るときにも用いられるようになっているのです。

消泡剤は、泡を消す役割があるものです。インターネットでの購入が可能な食品添加物ですが、使用方法を間違えると危険です。