どんなものなの?CADと導入にあたっての利点について

Summary

CADとはどんなものかについてCADとはComputer Aided Designの頭文字からとった略語で、コンピューター支援設計という意味になります。日本ではキャドと呼ばれ、コンピューターによる設計システムの総称です。工業製品の設計過程では、設計図が作成されます。製図作業は職人によって手書きでおこ…


CADとはどんなものかについて

CADとはComputer Aided Designの頭文字からとった略語で、コンピューター支援設計という意味になります。日本ではキャドと呼ばれ、コンピューターによる設計システムの総称です。工業製品の設計過程では、設計図が作成されます。製図作業は職人によって手書きでおこなわれてきましたが、コンピューターによって製図作業をおこなうシステムがCADです。CADにはいくつかの種類があります。例えば、2次元CADと3次元です。2次元CADはもっとも簡易的なCADといわれ、線や円弧によって平面図や立体図を制作します。

3次元CADは、立体の製図に使用されるものです。主に直方体や円が構成要素となり、仕上がりがイメージしやすいことから多くの現場で使用されています。このほか、土木や電気工事、配管などそれぞれの業務の製図に特化した専用のCADや、どの分野にも利用できる優れた汎用CADがあります。

導入する利点について

CADを導入する大きな利点は作業の効率化と、図面のスムーズな管理です。手書きでの製図作業は、熟練の職人でもある程度の時間がかかります。また、手書きの場合は記入ミスが生じた場合、修正箇所を消す際に周囲の線を消してしまうなどの、さらなるミスも発生していました。しかし、コンピューターによるCADを導入することによって、大幅に製図時間を減らしミスの修正も容易になります。また、手書きでの製図には紙を使用し図面を収納するためにはスペースが必要でしたが、CADでは紙ではなくデータですのでスムーズな管理が可能です。

このほかにも手書きの製図に関しては熟練の職人が必要でしたが、CADの場合は操作方法を覚えるだけですので、低コストという利点もあります。

電気CADは電気設備の設計・製図に用いられるソフトウェア。配電盤・操作盤の配置図や、動力回路を表す図などの作成を短時間で効率よく行うことができます。