金属製品を長持ちさせるのに必要なリン酸処理って?

Summary

そもそもリン酸処理とはリン酸処理とは、金属製品の耐久性を高めるために施される処理の一つです。具体的には、金属に処理剤を作用させて化学反応を起こし、金属の表面にリン酸塩の薄い皮膜を生成させる処理のことを指します。パーカー処理とも呼ばれています。工業的に古くから用いられている処理で、主な用途は金属製品に…

そもそもリン酸処理とは

リン酸処理とは、金属製品の耐久性を高めるために施される処理の一つです。具体的には、金属に処理剤を作用させて化学反応を起こし、金属の表面にリン酸塩の薄い皮膜を生成させる処理のことを指します。パーカー処理とも呼ばれています。工業的に古くから用いられている処理で、主な用途は金属製品におけるサビや塗装剥離の防止です。

普段意識することはありませんが、家電製品、自動車、建築物、ガードレールなどの生活に必要な様々なものにリン酸処理は施されています。

リン酸処理の種類と選び方

リン酸処理には使用される処理液の違いによって複数の種類があり、目的や用途によって使い分ける必要があります。また、処理液によって適用できる素材に違いがあることも認識しておく必要があります。

リン酸処理の中で、最も多く使われているのがリン酸亜鉛処理です。幅広い素材に適用でき、処理温度が低いため使いやすいという特長があります。その他には、主にリン酸カルシウム処理、リン酸鉄処理、リン酸マンガン処理があります。塗装剥離の防止には、多くの場合リン酸亜鉛処理やリン酸鉄処理が適用されます。また、防サビにはリン酸亜鉛処理が一般的ですが、リン酸カルシウム処理やリン酸マンガン処理も適用されることがあります。

リン酸処理には消泡剤が必須

リン酸処理工程で必要になるのが消泡剤です。消泡剤は「泡を消す」という名前の通り、液体に泡が発生するのを防いだり発生した泡を消すために使用される化学薬品です。リン酸処理工程で消泡剤を添加しない場合、リン酸と金属の反応で泡が発生してしまい、生成したリン酸塩の薄い皮膜の表面が泡でザラザラになってしまいます。そのため、消泡剤の添加はリン酸処理に必須とされています。

金属に塗装する際に塗料が剥がれやすい場合、金属と塗料の結び付きを強くする目的としてリン酸処理が施されることがあります。